Les Sylphides


I had an exhibition titled ‘Les Sylphides - Chopiniana - onto the Air’ in 1996. In this exhibition, the works I presented were all related to the ballet called ‘Les Sylphides’. This ballet is a 20th century ‘ballet blanc’. Colours in the ballet are therefore restricted, so I have worked hard to express my ideas about colour, without disturbing the dominating colour of the original production. This has been a difficult challenge. Also, there is no story to the ballet, and this abstract quality, for me, makes the connection between the music and movement clearer. 

This exhibition included prints, acrylic paintings, costume drawings, a half - size  costume made from my design, and a theatre model. The aim was to present a single set of ideas through many different media.

1996年に、レ・シルフィード - Chopiniana - onto the Airと題した展覧会を開いた。この展覧会では、レ・シルフィードというバレエを題材にした作品を、版画、アクリル画、コスチュームデザイン原画、半寸のコスチューム、シアターセットのモデルと様々なメディアを使って多角的に表現してみた。

このバレエは、20世紀の白のバレエとして有名で、色彩は、白と青におさえられている為、舞台からのイメージを大切にしようとすると大きな制約を受ける。そこで、オリジナルの舞台のイメージを損なわずにどれだけ私なりに色を使いこなすかが大きな課題となった。しかし、このバレエにストーリーがないという抽象的な要素は、私の中で音楽と動きから得たイメージを2次元の世界に関連付ける上で、大きな自由をもたらし手助けとなった。


      © Hiroko Imada 2009